紙袋の様々なこだわり

新着リスト

紙袋のメリットデメリット

世の中にはたくさんの種類やサイズの紙袋があります。紙袋のデメリットはビニール袋よりも水に弱く、雨などが降ってきてしまったら濡れてしまうことです。また、破けてしまったり、ビニールとは違い持ち手がないのが多いので両手で持っていどうしなくてはいけないばあもあります。しかし、反対にメリットはたくさんあります。様々なサイズの紙袋や素敵なデザインがたくさんあるのでおしゃれな一部として、ファッションの一部として持ち歩くことができることです。実際によく街で紙袋片手に歩いている女性を見かけるのですが、おしゃれだなと思います。スーパーや百貨店などで何か買った時に詰めてもらった入れ物が紙袋だったってことも多々あります。
私は有名なブランドやかわいい紙袋はいつも取っておいています。何か友達にささいなものをあげるときにとか出かけるときにはその取っておいてある紙袋を利用することもあります。有名ブランドの紙袋に関しては欲しい人が結構たくさんいるので、売れることもあるのです。このような考えから紙袋にはデメリットももちろんありますが、反対にメリットがたくさんあるので今後も浸透していくものの1つなのではないかなと思っています。

紙袋の手提げ紐について

店舗で使うための紙袋をショップでオーダーしたい!そんな時にちょっと迷ってしまうのが「手提げ紐」ではないでしょうか?
一口に手提げ紐と言っても実に色々な素材があります。

一般的によく見かけるのは「PP紐」という、ポリプロピレンの原料を編んだ紐ですね。
見た目も少し安い感じではありますが、ショップによってはカラフルな色を取り揃えているところもありますので、「コストは抑えたいけれど安っぽい印象になるのは出来るだけ避けたい」という人にはおすすめですね。

また、その他にもシンプルな「紙紐」も人気。紙袋との色を合わせることで素朴なイメージになりますし、エコな印象を与えてくれますね。
同じ紙紐でも1本の紐を絞って作った紙単丸紐と、紙単丸ヒモを三つ編みにした紙三本紐があります。同じ紙紐でも多少印象は変わってきますね。

その他にもスニーカーの紐のような見た目の「アクリルスピンドル」、同じアクリルで出来ていてもリボンのような印象の「アクリル平テープ」などなど、実に様々なものがあります。
紙袋の素材との組み合わせなどにより適したものもありますし、紐によっても紙袋全体の印象も変わります。是非、じっくりと選んでみて下さいね。

創業60年、ネット販売17年で販売実績500万点以上のヤマゲンで、オリジナルのパッケージをオーダーメイドで作ってみませんか。 弊社は、紙袋やビニール袋などへの印刷を得意とする会社で、オーダーメイドで、世界で1つだけのオリジナルパッケージも承っております。 紙箱の製造・製作をオーダーで行っております。 フルオーダー制作の紙袋をご検討の方へ

ニュース

2017/08/28
紙袋のお得な購入方法を更新しました。
2017/08/28
紙袋は簡単に独自性を出せるを更新しました。
2017/08/28
費用対効果が高い広告活動を更新しました。
2017/08/28
紙袋に託すブランドイメージを更新しました。