紙袋は簡単に独自性を出せる

身近なPRツール紙袋の重要性

商品をより多くの人に知ってもらうにはPR活動が大切です。幾ら質のいい商品、質のいいサービスであっても顧客がそれを知らなければどうしようもありません。そこで、多くの商店が多額の広告費を払っているのです。認知度はイコール売り上げにつながります。しかし、どの店舗でも多額の広告費を使って大きく宣伝を打てるわけではありません。それに、一度大きな広告を打ったからと言って、その効果は一時的なものです。広告の効果をローコストで、永続的に高める方法のひとつに紙袋の利用があります。
紙袋は、素材が安価でありながら、利便性が高く、PR効果の高いアイテムです。さまざまなシーンで積極的に活用されているのも、高い費用対効果のおかげです。店舗の売り上げを伸ばしたいと考えるなら、紙袋の積極活用は欠かせません。紙袋は、一般の商店での買い物の際にも配布されますし、ケーキ屋のお持ち帰りよう紙袋や、プレゼントやギフト用の紙袋などがあります。
また、コスメなどの化粧品を入れるのにも使用されます。イベントや展示会で記念品を配布されるのにも使われるなど、用途は多岐に渡ります。それだけ一般的で日本人になじみが深く、これを活用しない手は無いというわけです。自分の店舗の最も効果的なPR方法は、印象深い紙袋の製作だと言えます。印象深い紙袋なら、多くの人が周囲の人に紹介するので、宣伝効果も高まります。

商品を包む紙袋が顧客に与えている印象とは

店舗での買い物の際に、お客様に商品を手渡すのに紙袋は欠かせません。質が高く、オリジナリティ溢れる紙袋は、多くの人に気に入られ、普段使いされることもあるほどです。そうして普段使いしてくれる人が増えれば、それだけ多くの人にブランド名が眼にされ、PR効果も高まります。また、紙袋は商品を入れる大切なモノなので、紙袋の印象が直接商品の印象に取って代わります。
ギャップも大切ですが、商品のイメージと紙袋のイメージとは、一致している必要があります。単純にかっこいいデザインや人目を引くデザインであるだけでは、十分とは言えないのです。商品の内容や、その商品に対する売り手の思いが反映されたものでなくてはいけません。顧客は商品の質とそれを包む紙袋の質の両方を無意識のうちに比較しているのです。ここで違和感が生じれば、遠からず売り上げにも影響してきます。考えている以上に紙袋のデザインは重要です。
しかし、一方で、紙袋は簡単に独自性を出せるという役割も担っています。例えば、店舗のリニューアルオープンの時や、扱っている商品の入れ替えなどが行われたときなどに、紙袋のデザインを一新すると、より変化を実感できます。顧客は、商品だけでなく、紙袋にも注目しているからです。紙袋を路線変更したテーマに合わせたデザインにすることで、独自性をアピールしやすくなります。

ニュース

2017/08/28
紙袋のお得な購入方法を更新しました。
2017/08/28
紙袋は簡単に独自性を出せるを更新しました。
2017/08/28
費用対効果が高い広告活動を更新しました。
2017/08/28
紙袋に託すブランドイメージを更新しました。